このエントリーをはてなブックマークに追加

保険の適用が受けられないケース

どういった保険商品でも同じことが言えますが、保険に加入する際に一番気をつけるべきなのは、保険には保障の対象外となるケースがあるということです。
例えば、絶対に保障対象外と見なされるケースとしては、申し込み時の告知を正確に行っていなかったという告知義務違反のケースです。
もし保険の加入手続きを行うときに、体に何らかの病気などが有ることがわかっていれば、保険会社の指示に従ってその内容を告知しなくてはなりません。
がん保険の場合には、がんの有無が主な項目となりますが、がん保険加入時にがんの診断を受けているにも関わらず、黙って申し込みを行った場合は告知義務違反となります。
この場合、保険開始後にがんの治療についての保障を求めたとしても、告知義務違反として保険の適用は受けられなくなってしまいます。
また、がん保険には90日間の待機期間が設けられていることにも注意が必要です。
この待機期間の中でがんが発覚した場合、そのがん保険の保障を受けることはできません。
さらに、場合によってはこの待機期間が終了した後にがんと診断されても、保険会社が保障の適用を拒否するケースもあるようです。
このケースでは、例えば診断時のがんが大きくなっていたため、保険の契約時には既にがんが発症していたという理由で問題となるようです。
しかし、大半の保険会社ではこういったケースなら保障の適用を認めています。
可能な限り、こういった点についても加入時に確認しておくと良いでしょう。
Copyright (C)2017損しないように選びたいがん保険〜チェックポイントはここ!〜.All rights reserved.