このエントリーをはてなブックマークに追加

入院日額に含まれる費用

医療保険やがん保険の給付金で主なものと言えば、入院給付金です。
実際に病気を患って入院治療を行うと、治療にかかる費用以上に入院費が負担となってしまうケースもあります。
こういった入院費をカバーするために、保険に加入していると言っても過言ではありません。
それでは、この入院給付金ですが、どういった費用を対象として支払いが行われているのでしょうか。
がん保険の商品説明を見ていると、「1日入院あたり、○万円給付」といった記載が見られます。
この入院日額は一般的には5000円や10000円となっています。
しかし、実際に入院した場合、入院そのものに1万円も必要になることはまずありません。
この入院日額には、実は入院に必要な費用以外にも諸費用が含まれているのです。
例えば、入院をすると健康保険対象外の医療費を自己負担しなくてはなりませんが、それ以外にも諸費用が自己負担となるケースがあります。
一般的なものとしては、差額ベッド代が挙げられるでしょう。
疾患内容や地域、そして病院によって、この差額ベッド代は異なっています。
そのため、入院した地域や施設の内容によっては、差額ベッド代の負担が大きくなることもあります。
また、病院や施設によっては、入院時の食事代が別途必要になることもあります。
そういった場合にも費用は自己負担となりますので、この点もがん保険の入院日額でカバーしているのです。
また、高度先進医療費なども高額になることがありますので、がん保険の入院日額でカバーすることが可能です。
Copyright (C)2017損しないように選びたいがん保険〜チェックポイントはここ!〜.All rights reserved.